施工事例紹介

着工前、完成紹介

 

治山工事


○○○○○○○○イメージ

                 着工前                                               完成

治山工事は、地盤を安定させ、森の造成と保全をはかるための、補助的手段です。

治山ダムなどの構造物を設置するとともに、その周辺の森林を守ることで、ダムと森林の土砂流出防止機能を一体的に発揮させることを目的として行われます。

道路が無い山中の為、重機や機材の運搬には知識や経験を生かし慎重に施工しました。


岸壁工事

○○○○○○○○イメージ

                 着工前                                               完成

船を接岸して人の乗り降りや荷物の積み卸しをする場所での作業です。

こちらは岸壁に取り付けてあるゴム製の防舷材(ぼうげんざい:船と岸壁の間の緩衝材)の交換作業時の写真です。

作業者がゴンドラに乗り岸壁沿いに移動後、古くなった防舷材を新しい防舷材に交換する作業を行いました。


道路改良工事

○○○○○○○○イメージ

                  着工前                                               完成

道路改良工事は、既存の道路を改めて整備し直し、利用者にとってより良いものにする作業です。

「道路改良事業」や「道路改良工事」などの形で用いられ、一般的に道幅を広げたり、段差を減らしバリアフリーにしたりするなどといった工事が行われます。

この工事は大型車両の交通量が大変多い中、規制をかけ事故防止に注意しながら完成させました。    


河川改修工事

○○○○○○○○イメージ

                  着工前                                             完成

河川改修工事とは、河川の氾濫の防止や、親水に配慮した豊かな河川空間の創造を目的として行われる工事です。

今回の工事では、細い河川を改修し拡幅する作業を行いました。

工事現場の周辺には精密機械工場があり、振動対策に細心の注意を払い施工しました。


陸上競技場整備工事

○○○○○○○○イメージ

                    着工前                                           完成

陸上競技場の改修整備工事です。

1周400メートルの全天候型トラックと、跳躍・投てき競技の助走路などのフィールドの整備を行いました。

山から鹿が降りてきて現場が踏み荒らされるのを防ぐのに注意が必要でした。